一般撮影・CT撮影

一般撮影

1.胸部・腹部

肺がん検診や結核検査で有名な胸部撮影は、肺の異常陰影だけでなく心臓や肋骨、縦隔など多くの臓器(情報)を写し出します。腹部は結石や異常ガス像(体内の空気)などもを写し出します。(予約不要)

2.関節

骨折や脱臼その他の異常を写し出します。(予約不要)

3.骨

主に骨折を調べる為の検査ですが、骨の疲弊や位置・角度・密度を調べる為にも写します。(予約不要)

*当院ではデジタル処理(CR)で一般撮影を行い詳細なデーター管理に役立てています。

CT撮影

日本語ではデジタル断層検査と呼びます。単純写真が2次元表示であるのに対しCTは画像を3次元的に表示する方法であり、横断像(輪切り)すなわち前後左右の位置関係を写し出します。また隣接し合う臓器に対して区別する能力(空間分解能)に優れ、病気の存在や病態構造を知るのに有用な検査です。基本的に苦痛を伴う検査ではありませんが造影剤を使用する場合などは注射が必要になります。撮影部位(頭や上腹部など)によって食事制限をお願いする場合があります。(予約必要)

透視撮影

X線を使用して体内の様子をモニターに映しだし、必要に応じて撮影し画像化します(テレビを見ている様にみえます)。これを利用して、針先の位置確認や各種機具を映しながら安全に検査や処置を行います。また胃十二指腸(胃透視)や大腸(注腸)の造影検査ではバリウムを使用して消化管をくまなく精査します。
造影検査では食事制限などをお願いする場合があります。(予約必要)